ブログ論

ブログを書くことは修行だった、欲望をコントロールし理想の自分になる方法

投稿日:2017年9月25日 更新日:

金、権力、女、といった欲望、これを「ゲスい欲望」という。
ゲスい欲望に溺れてしまうと、人間として破滅してしまう。
そんなゲスい欲望から解放され、まっとうな人生を歩んでいくために行うのが、修行。

欲望は自分の中に渦巻いているときは、強大なエネルギーを持っている。
例えば金が欲しいという欲望は、金を得るまで、自分の中で膨れ上がっていく。
金を得ると、その欲望はしぼんていく。

でもまた金が欲しいという欲望が膨れてくる、その欲望のエネルギーを利用して、みんな仕事に精を出している。

欲望は自分の中に渦巻いていると、そのことに心が占領されてしまう。
実際に金を得るなど、欲望を満たせば、その欲望は小さくなり、心の占有率が減って、他のことにも興味を持つことができるが。
欲望が満たされなければ、どんどん持ち越されて大きくなっていく、金を得られない状態が続けば、もう頭の中は金のことでいっぱいになってしまう。
最終的には、欲望を満たすために、社会のルールを犯してしまうこともあるだろう。

くれぐれも、覆面をかぶって、銀行に突入するようなことはやめてください!

欲望は修行してコントロールしなけばならない。

一口に修行といっても色々ある、たとえば滝行。
落下してくる水の流れを、体で受け止めることで、心の雑念が振り払える、
激しい水の流れを受けることで、心身が清められ、ゲスい欲望から解放されるという修行。

たしかに欲望をコントロールするのに、滝行は効果がありそうだ。
だけど、なかなかやる機会がない。

滝の代わりに、家のシャワーに打たれたとしても、あんまり意味がなさそうだし、逆に美女のシャワーシーンを想起してしまい、ゲスい欲望を掻き立ててしまうことになるだろう。

欲望は頭の中に渦巻いていると、振り回されてしまうので、欲望が叶えられないならば、せめて頭の中から出してしまうのがいい方法だ。

欲望を外に出すのに、うってつけなのが、文章にすることだ。

書く、という事は、思念を言葉にし外に出す行為。

心理セラピーにおいても、日記などに思い悩むことを書き出すことで、浄化作用が働き、心が安定してくる効果がある。

かの、村上春樹も「小説を書くというのは、多くの部分で自己治癒的な行為であると僕は思います。」と言っている。

頭の中に渦巻いている物を、言葉にして書き出す。

書くことで頭の中の物を出すことができる。

そして文章にして書き出すとは、まさにブログだ。

欲望をコントロールするには、頭の中に渦巻いている欲望を、文章にしブログの記事にすればいい。
自分はどんな欲望を持っていて、どんなふうに満たしたいのか、詳細に書き出し、記事にする。

これで頭の中から欲望が出ていく、もう、欲望に振り回されたり、悩んだりしなくてすむ。

これは滝行に比べれば、お手軽だ。

ブログとは、欲望をコントロールするための修行だったのだ。

 

こちらは前回、修行について書いた記事です。

ドーナッツ
「成功の法則」はシンプル、欲望をコントロールすることで成功できる。

目次1 欲望をコントロールしたものが成功できる2 甘い誘惑に流されると、ダメ人間になってしまう3 欲望をコント ...

続きを見る


滝
修行によって欲望をコントロールできるようになれば、他人に振り回されないようになる

自分を高めるには修行をおこうなう事です。 修行を積み重ねることで、人間力を高める事ができます。 人間力が高くな ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-ブログ論

Copyright© じゅうきちログ , 2017 All Rights Reserved.