オピニオン

いよいよ時代が変わってきた2018年、ステージを上げるには。

投稿日:

階段を登れば上に行ける、階段を下れば下に行ける。

ステージを上昇させたいなら、階段を上に進めばいいだけのこと。

でも、なかなか上に登っていけない、
なぜなら、下の階のことが気になるから、

上に行ってしまうと、もう戻ってこれない気がするから、

だからずっとそこに留まって、
同じことをずっと繰り返している。

勝ち組になりたい、
成功者になりたい、
女にモテたい、

そのために自分を磨いて、勉強して、努力をする。

成長しているはず、
俺は確実に上にいっているはずだ、
だけど、実際には、なにも変わらない。

あいかわらず、
勝ち組でもないし、
成功者でもないし、
女にもモテない、

これだけ努力しているのに、
階段を上に登っているはずなのに、

なぜ、なにも変わらないんだろう、

いま、努力していることは、本当にあなたがやりたいことなんだろうか?

成功者がやっていたことをなぞっていけば自分も、成功者になれると思い込んでいないだろうか?

その成功者は、あなたではない別の人間だ、
別の人間がやったことを、マネしてみても、その成功者になれるわけではない、
あなたは相変わらず、あなたのままだ。

なんてこどだ、俺は階段を上っていたと思っていたが、
同じところをグルグル回っていただけだったのか・・

ステージを上昇したければ、階段を上るのではなく、下りるんだ。

下の階に行く、そしてそこにある扉を開く、
やり残した事があるはずだ、

それこそが、あなたが本当にやりたかった事だ!

それはかつて、親に反対されたものだったり、家族や、仕事のせいにして、本当はやりたかったけれどやれなかった事なんじゃないだろうか。

今ふたたび、階段を下りてきて、またそれに出会ってしまった。

もう、それをやるしかない、
今なら、できる。

固定概念や、既成概念をすてて、それに没頭する時がきたんだ。

さあ、やろう、
いま、やろう、

成功者のマネごとじゃなく、あなたが本当にやりたかったことをやるんだ。

そうすると、
今度は、新しい扉が現れてくる、
その扉を開けると、
なんと、
上に行ける階段があるじゃないか。

なんてこった、上に行く階段は、一つだけじゃなかったんだ。
ここにもあったんだ。

上に行く階段は、一つだけじゃない。
いっぱいあるんだよ。

上に行こうと思っても、上に行けている感じがしないなら、同じところでグルグル回っているだけだ。
ならば別の階段を探しに行こう、
そのためには、
今いる所から、下の階段を下がって行く、
そしてずっと、気になっていた、あの扉を開けば、そこに別の階段が現れる。

-オピニオン

Copyright© じゅうきちログ , 2018 All Rights Reserved.