「好きなことで生きていく」そのために必要な条件とは、フロイト理論で解説

シェアしていただけると、嬉しいです!

好きなことをやっていると、心の底からパワーが湧いてくる、ワクワク感がとまらない。
だからずっと続けられるし、自然と笑顔になるから、いい人にも出会うし、運も良くなってきます。
そして好循環のスパイラルに入り、いろんな事がうまくいき、幸せな人生を送れます。

逆に嫌なことをやっていると、エネルギーをすり減らし、笑顔も消失し、気力も低下して、出会う人も嫌な人が多くなってきます、そして不幸になっていく。

だから幸せな人生を送るなら、好きなことをやり続けることです。

な〜んてことは、よくある自己啓発本に書いてあるようなことですね。
そんなのは誰でもわかっています。

そりゃあ、好きなことだけやっていられるなら幸せだっつーの!

好きなことをやるとパワーがでる

たしかに成功している人は好きなことだけをやっている人が多いでしょう。
その一方で、好きなことができずに、生活のためにやりたくもない仕事をやっている人もいる。
後者の方が圧倒的に多いと思う。

ゲームが好きだから、プロゲーマーになろうと決意してみたものの結局はなれず、やりたくもないバイトで食いつなぐのがやっと。
なんて、人も多いのではないでしょうか。

好きなことをやって成功する人と、そうでない人の差はなんでしょうか?

好きなことやるとパワーが出て、嫌いなことをやるとパワーが無くなる。
これは事実です。

人の心にはエスという心的エネルギーの貯蔵庫があり、そこから放出されるリビドーを使い毎日の精神的活動を行なっています。

好きなことをやっていると、葛藤がないので、エスから放出されるリビドーをじゃんじゃん使うことができます。これがパワーが湧いてくるということです。

嫌なことは、嫌なんだけど、生活のためにやらなきゃならないという葛藤があります。
この場合は葛藤にリビドーを消耗してしまい、パワーが出せない状態です。

好きなことをやる条件

好きなことをやる条件は、まず、好きなことがある!ってことです。

好きなことが無ければ、やりようがないです、好きなことが無いって人、意外と多いですよ。

好きなことって何でしょうか?

好きなこととは、自分以外の物や事です、つまり自分以外の対象です。

好きなことをやるってことは、自分以外の対象にエネルギーを注ぐことです。

このことを対象愛といいます。

対象愛とはフロイトの唱えた、愛の三段階の一番上位の愛です。

愛には三つのレベルがあります。

自体愛→自己愛→対象愛 と発展して行きます。

自体愛とは赤ちゃん時代に母親との濃密なスキンシップにより、自分の体の感覚を発達させ、自分の体は大事であるという感覚を学ぶこと。

自己愛は、自分は心と体をもった一人の人間であり、自分の意見を尊重されることで、個人としての尊厳を身につけること。

対象愛は、愛を自分以外の対象に向けること、つまり自分の周りにある人や物を大切に扱うことです。

自体愛と自己愛がある程度満たされないと、対象愛のレベルには到達できません。

極端に言えば、生まれた時から一度も愛されたことのない人は、愛を対象に向けることができません。
そりゃあ、そうですよね、愛が空っぽなんだから、愛を注ぐことなんでできやしない。

好きなこと(対象)をやるってことは、好きなことに愛を注げるだけ、愛された経験がある人しかできないんです。

だから、好きなことをやって成功している人は、ある程度、愛に満たされているという前提条件をクリアーしている人です。

「ユダヤ人の大富豪の教え」にこんなことが書いてありました。

大好きなことに巡り合う一番の方法は、いまやっていることが何であれ、それを愛することだ。
目の前にあることを愛し、それに全力投球できれば、あとは、導かれるように次々におもしろい出会いやチャンスに出くわす。
鉄鋼王カーネギーは、どんな職務を与えらえれても、それに全力を尽くした。それが郵便配達でも、電信技師でも、全力でぶつかっていた。目の前にあることを愛したのだ。
彼の偉いところは、それに安住していたわけではないことだ。自分の興味にありそうな仕事へ転職していき、最後には転職の鉄鋼という分野で、鉄鋼王と言われるほどにまでなった。
引用:ユダヤ人の大富豪の教え 本田健 大和書房

カーネギーは、愛されていたはずです、両親や周りの人に愛されて、自体愛を満たし、自己愛を満たし、対象愛を得た、だから目の前にあることに愛を注ぐことができた。
そして好きなことに愛を注ぎ続け鉄鋼王になった。

愛に満たされてない人が、カーネギーの真似をして、目の前のことを愛そうとしても、できないでしょう、注ぐ愛もないし、どう愛していいのからなかいから。

えげつないですね、愛されたことがない人は、好きなことに愛を注げない、そもそも好きなことを見つけられない。

まとめ

好きなことをやるには、好きなことに愛を注げる、対象愛のレベルになることです。
そのためには自体愛を満たし、自己愛を満たすことからはじめなければなりません。

あなたは自分の体が好きですか?そして自分の事が好きですか?

もし、自分の事が嫌いなら、好きなことをやる前に、自分の事を好きになる必要があります。
欠落している愛を満たしてくれる人を探しましょう。

自分の体が好きで、自分の事も好きなら、対象愛のレベルです。
好きなことをガンガンやれば成功できるでしょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです!

フォローよろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク