精神分析研究

モテるために必要な、ただ一つの事

投稿日:2017年6月28日 更新日:

モテたいですね〜
イケメンになってモテモテになりたいです。

イケてなくても頑張ればイケメンになれるはずです。
その方法を模索してみました。

イケメンになる方法

・ファッション
ファッションは大事ですね。
これから夏です、何年も着つづけて色あせし、襟がヨレヨレのTシャツではモテません。
自分でファッションセンスがないと感づいているなら、ショップの店員さんのアドバイスにしたがってコーディネートしてもらいましょう。
見た目が良くなれば、あなたも雰囲気イケメン!

・髪型
髪型も重要です、ベトベトの髪では清潔感が感じられません、女の子にモテる為には何よりも清潔感が大事です。
美容室に行って、あなたに似合う髪型にしてもらいましょう!
イケメン俳優の切り抜きを持っていって「これにしてください」と、言っても美容師さんを困らせるだけなので、美容師さんにお任せしましょう!

・言葉遣い
小さい声で、もごもご喋っていると、頼りなく感じます。
ハキハキと発音し、丁寧な言葉遣いを心がけ、信頼感があると思われるように努めていきましょう!

・ボディライン
ぶよぶよしたお腹で、全身汗びっしょりになり、ハアハア、言っていると、これから夏にかけてモテるとは言えません。今から身体を鍛えて、シャープな身体を手に入れましょう!

・仕事を頑張る
お金の魔力は絶大です、仕事を頑張って、財布をパンパンにしましょう!

・ユーモアのセンス
女の子を笑顔にしてあげるのがジェントルメンです、ユーモアを勉強しましょう!

 

いかかでしたか?
これであなたもイケメンになり、女の子にモテモテになれるでしょう!

イケメンだからモテるわけじゃない

ちがう・・

そうじゃない・・

僕が言いたいのは、そんな表面的なことじゃないんだ。

ファッションだとか、髪型だとか、たしかに大事なファクターだけど、それは表面を見繕っているだけだ。

世の中不思議なもので、いくらイケメンだからって、モテているわけじゃない、
イケメンでもモテない人は大勢いるし。
イケメンじゃないのにモテモテな人も大勢いる。

その差はなんなんだ。

ベタな言い方だけど、男はやっぱり中身なんですよ。

中身のある男がモテるんです。

その中身とは・・

これまた、ベタだけど、愛です。

愛に満ちているメンズが、女の子にモテるんです。

女の子は愛を求めています、愛を注いでくれる人がいいんです。

愛が欠落している人は、他人に愛を提供できません。
そんな人が付き合うと、逆に女性に愛を求めてしまいます。
「クレクレ、俺に愛をクレ」と声に出さないまでも、何かを要求する雰囲気がヒシヒシと伝わってしまいます、女の子はそういうところに敏感で、うんざりしてしまいます。
結局そのような人はフラれてしまうでしょう。

愛の3段階

愛には三つのレベルがあります。

①自体愛→②自己愛→③対象愛 です。

これはフロイトの理論なんですが。
まず愛には自体愛があり、それが発展して自己愛になり、それが発展して対象愛になります。

自体愛

自体愛とは、赤ちゃん時代に受けるべき愛のことです、赤ちゃんは「バブー」としか言えないので、言葉がまだ通じません。(バブーと言う赤ちゃんを見たことはありませんが)
赤ちゃんは母親との身体的コミュニケーションで愛を感じ取ります。
赤ちゃんはまだ自分の体の感覚が未発達で、自分の体に手や足があるという感覚がよくわからない、そこで母親が赤ちゃんを抱っこしたり、さすったり、手足を動かしてあやしたり、お風呂に入れたり、オムツを取り替えたりと、濃密な身体的コミュニケーションをすることで、自分の体の感覚を発達させていきます。
母親が大事に大事に赤ちゃんに接してくれることで、赤ちゃんは自分の体の感覚が満たされていきます。
これが自体愛です。
この自体愛があることで、自分の体は大事なんだという感覚を持つことができます。

自己愛

赤ちゃんから成長してくると、言葉を喋るようになります。
言語の世界に参入してくるのです。
少し大きくなった子供はいろんなことをします、身体を動かして踊ってみたり、おもちゃで遊んでみたり、絵を描いたりします。
そんな姿を見て母親は、言葉をかけてくれます、「よくできたね!」「すごいね!」「がんばったね!」と、そのような自らの行為を認めてくれる承認の言葉や、褒め言葉によって、「自分はこれでいいんだ」「自分の行いは正しいんだ」と心が愛に満たされてきます。
これが自己愛です。
言葉によって心は成長していき、自分に自信が持てるようになります。

対象愛

身体的コミュニケーションで自分の体は愛されていると感じ、言葉によって心も愛されていると感じると、体と心の二つの次元で愛に満たされてきます。
すると今度は、その愛を対象へも向けることができます。
自体愛、と自己愛が満たされることで、自分以外の対象へ愛を向けることができるのです。

これでやっと他人を愛することができます。

自分以外の対象に愛を注げる人がモテる

モテる人とは、対象に愛を向けることができる人です。

見返りを求めない、無償の愛を向けることができます、こういう人は好かれます、だからモテるのです。
それには、自体愛と自己愛に満ちて対象愛のレベルになっている必要があります。

でも、なかなかそんな人はいないですね、みんなどっかで愛が欠落しています。
だから、みんな欲しがるんです、「欲しい欲しい」と、そんな欲しがっている自分を隠して表面だけカッコよく見繕っても、やっぱりモテません。

相手に愛を与えられるだけ、自分が愛で満たされることが、モテる秘訣ですね。

愛が欠落していたら、あなたを愛で満たしてくれる人を見つけるしかないですね。
よく探せばいるはずです、あなたに愛を向けてくれる人がいるばずです、意外と身近にいるかもしれません。
見つけたらその人から愛を受け取り、満たされたら今度は自分から愛をお返ししていきましょう。
それを繰り返していけば、モテるようになります。

まとめ

モテるかどうかは、愛に満たされているかどうかだと、僕は思っています。
自分自身が愛に満たされて、その愛を他人にも向けられる人は男女問わずモテるはずです。

-精神分析研究

Copyright© じゅうきちログ , 2017 All Rights Reserved.