オピニオン

ドラクエのやり方で人生は変わる、勇者タイプと遊び人タイプ

投稿日:2017年8月31日 更新日:

ドラクエ11が面白いらしいです、ぼくはプレステ4も、ニンテンドー3DSも持ってないんで、プレイできないんですが。誰かください・・

でも、ドラクエ世代で、1〜6まではやりました。
ぼくの中では、やっぱドラクエⅢが一番思い入れがありますね。

ドラクエⅢは名作中の名作です。

さて、本題に入りたいと思います。

ドラクエをやるために会社を休む勇者

ドラクエ11をやるために、有給を使って会社を休むという方を、twitterかどっかで見かけました。
彼は勇者ですね。すばらしい。
自分のことを知っており、欲望をコントロールできている。だから勇者です。

欲望をコントロールできない人は、勇者ではありません。

 

目標を決めて、それを達成する者こそ勇者

ドラクエは面白い、ドラクエを買ってきて、冒険を始めると、止まらなくなる。
明日仕事があるから、今日は1時間だけドラクエやろう、と決めても面白いから、ついつい2時間、3時間とやっちゃう。

寝不足だと仕事に影響が出てしまうのは、わかっちゃいるんだけど、ついつい面白いからズルズルとドラクエをやってしまい、案の定、寝不足になり仕事に影響が出てしまう。
これは欲望がコントロールできていない証拠です。

方や、ドラクエを始めると、止まらなくなる事を知っているからこそ、有給を使いドラクエを攻略すると決めて、実際にその通り、有給の中でドラクエを攻略してしまう。
このやり方は、ズルズルとドラクエをやる人とはずいぶん違う。

目標を決めて、それを達成する。これはドラクエの勇者と同じなのだ!

ドラクエの勇者は、ひとつひとつのクエスト(目標)を達成する事で、冒険を進めていく、
決して、ズルズルその場限りの欲望に流された冒険をしているわけじゃない。

有給を使い、その中でドラクエを攻略してしまう。
彼はまさに勇者と同じ思考回路、だから彼は勇者なんです。

これに比べて、1時間と決めたにもかかわらず、面白いからと、ズルズル2時間、3時間、場合によっては朝までドラクエをやってしまい、翌日の仕事に影響が出てしまう人は、勇者ではなく、遊び人だ。

行き当たり、ばったりで、その場が楽しければよく、戦闘中に意味のない行動をやってしまう、遊び人だ。

目的があり、それを達成する者=勇者

ただ単に、その場の欲望に流される者=遊び人

こういう公式が成り立ちます。

 

まとめ

ドラクエをやるなら勇者になろう!
勇者になれる人は、自分の人生においても、目標を決めそれを達成できるリアルな勇者になれます。

欲望に流されてしまう人は遊び人です。
でも落胆する事はありません、遊び人は覚醒すると賢者になれる!

勇者か、遊び人か、どちらを選ぶのかは、あなた次第。

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

-オピニオン

Copyright© じゅうきちログ , 2017 All Rights Reserved.