オピニオン

過ぎ去りし時を求めても過去には戻れない、無駄だと思った事にも意味がある

投稿日:

過ぎ去りし時は戻ってこない

ドラクエ11面白いそうです。
サブタイトルは「過ぎ去りし時を求めて」です。

僕も、過ぎ去りし時を求めたいです。

かの、拳王ラオウは「我が生涯に一片の悔いなし」と言いながら逝きましたが。

いままでの僕の人生は悔いありまくりです。

過ぎ去りし、高校生時代に戻って、あの娘に告白しておくべきだった、とか。

過ぎ去りし、小学生にもどって、勉強しまくっていたら、今とは違う人生になっていたかもしれない、とか。

過ぎ去りし時を振り返ると、後悔ばっかりですね。

時間は無情にも刻一刻と過ぎ去っていき、元に戻る事はできないです。

だからこそ、今を大事にするべきなんですが。

でも、今までの人生に無駄な事はあったのでしょうか?
無駄ばっかりだったと思う人生も、違う角度から照射してみると、大事な意味があるかもしれません。

 

過ぎ去りし子供時代はドラクエⅢにはまっていた

僕が子供の頃にハマったのは、ドラクエⅢでした。
めちゃめちゃ面白かった、何度も何度も最初からやり直しました。

僕がやったドラクエは1〜6までです。

大人になってからもスマホ版のⅡとⅢをやりました。

僕の人生の結構な時間をドラクエに費やしています。

ドラクエに費やした時間の代わりに、勉強をしていたら、医者とか弁護士になっていたかも、なんて思ったりします。

僕の人生において、ドラクエをやった時間は無駄だったの?

いや、そんなことはない!

ドラクエをやった時間にも意味はあるんです。

当時の僕には何よりも、ドラクエが大事だった。
ドラクエは面白かったし、ドラクエをやってない時間も、ドラクエにまつわる空想をしていた。
自分が勇者になったらモンスターとどう戦うとか、メラはどうやって出せばいいのか悩んだり、
サイドストーリー的なものを考えてみたり、していた。

他にも公式ガイドブックを暇さえあれば見ていたし、
鳥山明の絵を真似して書いてみたり、
新たな、武具や防具を考えて見たり、していた。

ドラクエ4コマ漫画も好きだった。
ダイの大冒険も好きだし。
勇者アベルも見た。

 

無駄だったと思うことにも意味はある

ドラクエにはまっていた過ぎ去りし時は、無駄ではない、どれも僕にとっては大切な思い出になっています。

そして僕の心の一部になり、今の僕を構成している大事な要素の一つです。

「我がドラクエ人生に一片の悔いなし」そう言い切れる。

人生は無駄なことは一つもない、高校生の頃、好きな子に告白できなかったことも、小学生の時にゲームばっかりやっていたことも、全部意味がある。

過ぎ去りし時を積み重ねて今の自分がある。

過去ばっかり悔いてないで、今この瞬間を大事にしましょう!

-オピニオン

Copyright© じゅうきちログ , 2017 All Rights Reserved.