ブログ論

ブログやっと20記事目!苦しみを乗り越える時

投稿日:2017年6月10日 更新日:

この「じゅきちログ」も、この記事でやっと20記事です。
やっと20か〜って感じですね。
ガンガンブログを更新できる人がうらやましいです。
ブログを20記事書いて思うことをまとめました。

書きたいんだけど、書けなくてしんどい

理想は1日1記事なんですけど、ちょっと僕には無理っぽくて、今は2日で1記事なんですが、それでもしんどくなってきました。

やばいですね〜

これが3日に1記事になって、1週間で1記事になって、1ヶ月で1記事になって、そのままフェードアウトパターンになるかもしれないです。

このブログを始める前は書きたい事がたくさんあるから、ガンガン書けるはずだぜ〜と思っていたのですが、いざ書き始めてみると、思ったよりも書けない。
そんなに書きたい事がなかったのか・・

いや、書きたいことはあるんですけど、それを文章化するのが難しくて、無意識に書くことにロックをかけているのかもしれません。

たとえばこの記事は苦戦しました。

ブログを書きたいという気持ちはどこからくるのか?欲望は他者の欲望

目次1 なぜブログを書くのか?2 欲望は他者の欲望である3 言葉は存在の代理物4 欲望がモチベーションを上げる ...

続きを見る


難解さで知られている、精神分析家のジャック・ラカンの理論に挑戦しました。
ラカンは入門書のための入門書があるくらい、訳のわからん理論です。
だけど、ちょっとでも理解できると(理解したつもりかもしれなけど)おもしろいんですよ、「現実界」「象徴界」「想像界」とか、でも、それを説明しろと言われると大変です。

この記事は書いてる途中で、何度も「ラカンを記事にするのはムリかな〜」と思いました。
それでも、書きたいという「欲望」があったので、頑張ってなんとか形にすることができました。

ブログは自分との戦いかもしれない

ラカンの記事を僕は頑張って書いたいんですが、頑張るといえばこの記事です。

パソコンの写真
ブログが書けない理由を克服し、書けるようにする方法

僕はブログを書く時に、macbookにもともと入っていたPagesというソフトを使っています。いざ、ブログを書 ...

続きを見る


頑張り過ぎるときついので、カッコつけずに、ありのままの自分で書いちゃいなよ!
っていう感じの記事です。

ブログは誰かに強制されて書くものではありません、自由に書いていいんです。
それゆえに、少しでもいい記事を書こうとすればするほど、どんどんハードルが高くなって記事が書けなくなってきます。
かといって、全く中身のない、ペラペラな記事ほどつまらないものはありません。

締め切りがある訳じゃないのに、明日までに更新しなきゃと、勝手に自分に対して縛りを作ってしまうと、よけい書けなくなってしまいます。

ブログってのは自由であるがゆえに、自分の力が試される場なのかもしれません。

モチベーションについての記事を書き始めるとやばい!?

僕がこれまで書いてきた記事を読み返してみると、いかにブログを書くモチベーションを上げるか、っていう記事ばっか書いていますね。
ラカンの記事もそうだし、カッコつけずに書くっていう記事もそうだし、
他にも、

ブログを書くイラスト
ブログを書くモチベーションを上げる方法

ブログを書くにはハードルを下げるしかね〜 うまいこと書こうとすると、ハードルが上がっちまう、しょぼい記事でもい ...

続きを見る

ブログをはじめて僕は現実を知る事ができた、行動するメリット

世の中には二通りの人がいます。 行動する人と、しない人、です。 行動してよかったと思うことはたくさんあります。 ...

続きを見る

歩くイラスト
ブログのネタが切れた時にネタを見つける方法

ブログを書き始めましたが、ネタが思い浮かびません。 何を書いたらいいのかわかりません、万事休すです。 パソコン ...

続きを見る

なんかは、どうにかしてブログを書く方法を模索した記事です。

心は言葉でできている、ジャックラカンはそう言いました。
そしてブログは、言葉を綴ったもの、そこに書かれているのは、どうすればブログを書くことができるかという内容。
ということは、なによりもブログが書けなくて困ってるのは僕なんですよね〜

おそらくブログを書くモチベーションなどの記事を書いている人は、ブログを書くことがきつくなっている人だと、思われます。

ブログを書くモチベーションが切れているから、自分で必死に煽っているようなもんですね。

まとめ

何事でも、順風満帆でずーっと突き進むってことは、ないです。
やっぱり苦しい時期ってありますから。
でも、それを乗り越えると、楽になってくるはずです。

-ブログ論

Copyright© じゅうきちログ , 2017 All Rights Reserved.