オピニオン

自転車に乗って得られる4つのメリット

投稿日:2017年5月23日 更新日:

今の季節は自転車に乗るのが気持ちいいですね。
僕はたまに自転車に乗ります、ロードバイクとかじゃなく、ママチャリです、一応6段階のギアがついているので、坂道でも一番小さいギアにすれば登れます。

休みの日なんかに自転車でちょっと出かけるのが楽しいですね。
晴れた日に自転車で風を切って走るのは最高です。

なぜ最高だと思えるのか考えてみました。

季節を楽しむことで、雰囲気を感じる能力が鍛えられる

自転車に乗って、気持ちがいいと感じるのは、なぜでしょうか。
それは、雰囲気を感じ取っているからだと思います。

5月という今の季節は、日が出るとちょっと暑いぐらいですが、自転車に乗って風を切っているとちょうどいいぐらいです。

新緑の季節で、どんどん緑が濃くなり増えて行くと、パワーを感じます。
実際に植物は光合成によって、太陽の光をエネルギーに変換して吸収していますから、パワーが満ちています、そんなパワー感を我々も感じ取っているんだと思います。

心地よい風、天気がいい、緑が綺麗、草木の匂い、小川のせせらぎの音、など五感を総動員して感じたもの、それを統合して雰囲気がいいと感じているんだと思います。

季節を楽しむということは、五感を使って雰囲気を楽しむということではないでしょうか。
屋内にいては、外のことを感じ取ることはできません。
自転車に乗ることによって、感じる力というのを磨くことができ、雰囲気を感じるという能力を鍛えられるはずです。

雰囲気を感じる能力は、社会で生きて行く上で必要不可欠

人と出会う時、この人なんかヤバイ気がする、この人はいい感じだな、と無意識で感じ取っていると思います。
そして最初に感じた雰囲気はだいたい合っているものです。

しかし感覚が鈍ってくると、雰囲気を感じる能力が低下して、その人がどんな人なのか判断がつきにくくなってしまうでしょう。

つまり、山でクマに出会って、ヤバイと思えるかどうかです。

山で出会いたくないのはクマですね、出会ったらヤバイですね、だから山に行くときはクマよけの鈴などを装備して行きます。

社会にもヤバイ人はいます、いろんな種類のヤバイ人がいますよね、そんな人には出会いたくないものです。
だからといって、クマよけの鈴をつけていても人には効果はありません、頼りになるのは自分の感覚です。

ですから日頃から、肌感覚を磨いておくのは必要だと思います。
自転車に乗って自然から得られる感覚を受け取り、いい雰囲気だと感じることができれば、反対のイヤな雰囲気も感じらるようになるはずです。

出会った人に、イヤな雰囲気を感じたら、近づかないことです。

自転車は自分がエンジン、己の調子を感じとれる

自転車にはエンジンが付いてません、自分のパワーが動力源です。

足をつかってペダルを漕ぐと自転車は前に進みます。

調子がいいときは自転車はスイスイ前に進みます、でも調子悪いときはひどく自転車が重く感じます。
それは自転車が重いのではなく、自分が重いのです。
自転車に乗って、軽いか、重いかを感じることは、自分の調子を測るのにちょうどいいかもしれません。

自転車は股関節、膝、足首をまんべんなく動かします。
体が疲れていたり、関節が痛かったりすると、ペダルを漕ぐ足も重く感じます。
重さを感じたら、自分の体を見つめ直すときです。

自分の体のどこが調子良くないのか調べて、ケアをする時なのかもしれません。

疲れはちょっとづつ蓄積していくものですから、気がついた時には結構疲れが溜まっているものです。

疲れを癒して体をケアすれば、体力が回復し、今度は自転車が軽く感じるでしょう。

気分を変えるのに、自転車はちょうどいい

嫌なことがあって気分が落ち込んでいるときは、気分転換したいものです。
そんなときは自転車に乗るのが最適だと思います。

自転車は歩くよりも遠くへ行けます。
歩きだと、遠くまで行くのは大変だし、帰ってくるのも疲れます。
そのぶん自転車だと、結構遠くまで行くことができ、帰ってくるのもそれほど苦ではないと思います。

風を切って移り変わる景色を見ながら、普段あまり行かないところまで、自転車を漕いで行くと、気分は変わってきます。
いつもと違う景色の場所に行くと、自分自身もいつもと違うったように感じるものです、気分を変えるために場所を変えるというはありです。

車や電車でいつもと違う場所に行くという手もありますが、自転車は自分の力で漕いで進んでいき目的の場所にたどり着きます。

自らの力で何かを変えた、ということに意味があるんです。

そして気分が変わって落ち着いてきたら、また戻ってくればいいだけです。

まとめ

今の季節は、自転車を乗るのにいい季節だと思います。
自転車に乗って感覚を高めれば、また違った角度から世界を捉えられるかもしれません。
自転車は有酸素運動なので、体力をつけるにはもってこいです。
自転車に乗って心身共に調子を整えれば、また明日からがんばれるでしょう。

-オピニオン

Copyright© じゅうきちログ , 2017 All Rights Reserved.