オピニオン

ブラック企業の特徴は、頼みごとがうまい事

投稿日:

僕が、誰かに頼み事をされると、喜んでやってしまう。

よーし!いっちょやってやるか!と気力が湧いていてきて、
あっという間に、その頼み事をこなしてしまうのだ。

そういうことがちょくちょくある。

頼み事をされるというのは、
「あなたにはそれができる能力があるから頼むのですよ」
と言われているのと同じことではないだろうか。

能力を認められるのは、うれしいものだ。

だからちょっと無理してでも頼み事をやってしまうし、
そういう時は、いつも以上に集中力が増すから能力も高まる。

でも、頼み事を喜んでやれるには、制限があります。

その制限というのは、頻度です。

たまーに頼まれるから、喜んでやってしまうのであって、
毎日、頼まれ事をされると、めんどくさいし、嫌になってくるんです。
もう、そうなってくると、集中できないし能力も低下して、頼み事もうまくこなせなくなります。

月に一回ぐらいの頻度で頼まれれば、喜んでやります、
モチベーションも高くなるし、能力も全開で頼み事をこなします。

でも、毎日、毎日、頼み事ばっかりされていると、嫌になってきますよね。

反対に、まったく誰からも、何も頼まれないと、寂しくもなる。

つくづく、人って都合よくて、哀れだと思います。
でも、それが人間っぽくでいいかもしれません。

ブラック企業は頼みごとがうまいんです。
うまく頼んで、その人の実力を引き出します。
さらに上手に頼んで、その人の実力を限界まで使い倒します。
疲れていたら、ちょっと休ませます。
体力が回復してきたら、また仕事を頼んで労力を搾り取ります。

-オピニオン

Copyright© じゅうきちログ , 2017 All Rights Reserved.