精神分析研究

うっかり、女性専用車両に乗ってしまった時の対処法

更新日:

女性専用車両に乗ってしまい、大変だったという記事をよく見かける。

もし、うっかり女性専用車両に乗ってしまったら、
こうすればいい。

乙女スイッチをONにする!

ユング心理学では、人の心の中には普遍的なアーキタイプ(原型)が存在するという。

  • アニマ(男性の心のなかにある女性性)
  • アニムス(女性の心のなかにある男性性)
  • 太母(すべてを包み込むやさしさをもつ母)
  • 老賢者(知恵を論理的に説明できる者)

などが心の深層部に存在している。

人はその時の場面によって、これらのアーキタイプを前面に出せば、女にもなれ、男にもなれ、大いなる母のようなやさしさも持ち、老賢者のような知恵を持つ者にもなる事ができる。

だからゴリゴリの男でも、乙女心のアニマを持っている。
そのアニマをONにし、乙女として振る舞おう。

身体をクネらせ、スポーツ刈りの髪をかきあげる仕草をしよう。
そうすれば、周りの女性は、ああなるほどと納得するはず。

 

だが最も重要なことは、
うっかり乗ってしまったということだ!

これは明らかに錯誤行為。
うっかりではなく、無意識が女性専用車両に乗る事を選んだのだ。

乗るべくして乗ったのだ。

意識していなくても、視界に「女性専用」という文字が映った瞬間に、あたなの無意識が反応したのだ。

そして知らず知らずうちに女性専用車両に乗っていた、
これはつまり、あなたは女性かもしれないという事。

あなたは男ではなく、女性として女性専用車両に乗ったのだ。

これまでの人生を振り返ってほしい、
ぜんぜん意図していないのに、うっかり女子トイレに入ってしまった事があったり、
学園祭の催しで女装をして、妙に気分が良かったり、
イケメンの男子に、ときめいたりした事はないだろうか?

さらに幼少時期の頃、母親に女の子の格好をさせられて、
「かわいい女の子だね」と言われた事はないだろうか?

あなたの中に存在している女性性がいつの間にか大きく成長し、
男性性を凌駕しているのかもしれない。

もしそうだと気がついたら、明日から女性として、女性専用車両に乗るのがいいだろう。
今の時代、セクシャリティは自分で選べます。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

-精神分析研究

Copyright© じゅうきちログ , 2017 All Rights Reserved.